クレジットカード現金化の優良店の選び方

優良店の選び方

クレジットカードの現金化サービスを提供している業者は多数存在しています。
店舗型から無店舗型まで、全てを合わせると数百店舗はありますね。

ですが、その全てが優良店とは限りません。
今現在も悪質なサービスを提供している業者は存在しています。

お金の絡むサービスのため、利用するなら優良店で現金化をおこないたいですよね?

既に現金化の知識を身に付けている方なら悪質店に騙される事はないと思いますが、初めてクレジットカードを現金化する方は、どの業者を利用すべきか分からないと思います。

悪質業者に騙される方の大半は現金化初心者になります。
無知な利用者を言葉巧みに誘導し、低還元率でサービスを利用させているのです。

このような被害を少しでも防止するために、現金化初心者に向けた優良店の選び方を説明したいと思います。
こちらをご覧頂ければ、悪質店を利用してしまう確率を大幅に低下させる事が出来るため、是非、業者選びの参考にして下さい。
 

会社概要を確認する


どのジャンルのホームページにも共通して言える事なのですが、サイト内には必ず会社概要を記載しているページがあります。
会社経歴書や会社案内と言われる事もありますね。

代表者名や事業内容など沢山の情報が記載されていると思いますが、その中にある「所在地」が重要なポイントになりますので、こちらは必ず確認するようにして下さい。

何を確認するのかと言うと、その所在地が本当に実在している住所なのかと言う点です。
まず、下記に記載致しました「特定商取引法の概要」の一部をご確認下さい。
 

特定商取引法の概要

(1) 行政規制
特定商取引法では、事業者に対して、消費者への適正な情報提供等の観点から、各取引類型の特性に応じて、以下のような規制を行っています。特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示や業務停止命令の行政処分、または罰則の対象となります。

■氏名等の明示の義務づけ
特定商取引法は、勧誘開始前に事業者名や、勧誘目的であることなどを消費者に告げるよう業者に義務づけています。
■不当な勧誘行為の禁止
特定商取引法は、不実告知(虚偽の説明)や、重要事項(価格・支払い条件等)を故意に告知しなかったり、消費者を威迫して困惑させたりする勧誘行為を禁止しています。
■広告規制
特定商取引法は、業者が広告をする際には、重要事項を表示することを義務づけ、また、虚偽・誇大な広告を禁止しています。
■書面交付義務
特定商取引法は、契約締結時等に、重要事項を記載した書面を交付することを事業者に義務づけています。

(2) 民事ルール
特定商取引法は、消費者と事業者との間のトラブルを防止し、その救済を容易にするなどの機能を強化するため、消費者による契約の解除(クーリング・オフ)、取り消しなどを認め、また、事業者による法外な損害賠償請求を制限するなどのルールを定めています。

■クーリング・オフ
特定商取引法は、「クーリング・オフ」を認めています。クーリング・オフとは、申込みまたは契約後に法律で決められた書面を受け取ってから一定の期間(※)、消費者が冷静に再考して、無条件で解約することです。(※)訪問販売・電話勧誘販売・特定継続的役務提供・訪問購入においては8日間、連鎖販売取引・業務提供誘引販売取引においては20日間。通信販売には、クーリング・オフに関する規定はありません。
■意思表示の取消し
特定商取引法は、事業者が不実告知や重要事項の故意の不告知等の違法行為を行った結果、消費者が誤認し、契約の申込み、またはその承諾の意思表示をしたときには、消費者は、その意思表示を取り消すことを認めています。
■損害賠償等の額の制限
特定商取引法は、消費者が中途解約する際等、事業者が請求できる損害賠償額に上限を設定しています。
 

特定商取引法ガイドより一部引用


特定商取引法ガイドからもお分かり頂ける通り、会社概要には「利用者とのトラブル防止」や「適正な情報提供」の観点から正規の運営情報を記載する事を義務図けられています。

信頼出来るサービスを提供している業者であれば、特に所在地を隠す必要はないのですが、悪質なサービスを提供している業者は適当な住所を所在地として記載しています。
まともなサービスを提供していないため、所在地を公表出来ないと言う事ですね。

今ではスマホやiPhoneから簡単に所在地を検索する事が出来ます。
そのため、初めて利用する業者に関しては、申込む前に必ず所在地を検索し、存在している住所かどうかの確認をおこなうようにして下さい。
 

手数料関係を確認する


こちらは実際に振り込まれる金額に関わる事なので確認は必須です。
また、下記に優良店、悪質店の特徴を記載致しますので、予備知識として目を通して頂ければ幸いです。
 

優良店の特徴


まず、優良店は還元率表や換金率表の中に必要な手数料を必ず記載しています。

現金化業界の還元率や換金率の平均値は大まかですが「10万円以下の利用=70%から75%」「10万円以上の利用=75%から80%」となります。
利用する金額が大きければ、その分、業者からのサービスを多く受けられます。

やはりお金に関しては、一歩間違ってしまうとトラブルの原因になる可能性も考えられるため、初めて現金化を利用される方でも、ご自身で振込み金額を計算出来るよう、全てを包み隠さず記載しているのです。

優良店の営業スタンスとしては、実際に振り込まれる金額をご自身で確認してもらい、納得出来た方のみ、お申し込み手続きをおこなって下さいと言う事になります。

還元率や換金率が多少低くても、初めから全てを説明してもらえる業者は信用出来ますし、次も利用したくなりますよね。
 

悪質店の特徴


次に悪質店の場合ですが、一番多く見られる傾向として、現金化する際のパーセンテージをありえない還元率や換金率でサイト内に記載しています。
特に「還元率98%」「換金率95%」などと記載している業者は要注意ですね。

この数字は手数料関係を何も引かない状態での数字になります。
実際は、ここから「事務手数料」「決済手数料」「決済代行手数料」「消費税」などの名目で金額を差し引き、最終的にパーセンテージが60%から70%になると言う話はよく聞きます。

悪質店の手口としては、初めにサイト内に記載してある甘い誘い文句でお客を誘惑し、どうにかして問い合わせをさせようとします。
また、もし問い合わせをおこなったとしても、そこで手数料関係の説明はおこないません。
電話やメールのやり取りにおいても高還元率、高換金率をアピールし、お客の興味を引き、今度は申し込みをさせようとします。

現金化の利用を考えている方の多くは、出来るだけ早めに手元に現金を用意したいとお考えになっているのだと思います。
それと同時に、還元率や換金率が少しでも高い業者を利用したいともお考えになっているはずです。
悪質店はその心理を言葉巧みに上手く利用していると言えます。

申し込みされたお客に対して決済方法の説明をおこなうのは、優良店、悪質店も変わりませんが、悪質店の場合、お客に現金を振込む段階で初めて手数料関係の説明をおこないます。
この時点で手数料関係が必要になる事を打ち明けられても、決済手続きをおこなっているので、利用者側ではどうする事も出来ません。

他にも、申込みの際の身分証明証を提示させた後に手数料関係が必要になる事を打ち明ける業者もありますね。
もし、ここでお客が申し込み自体をキャンセルしようとしても、「個人情報が流出する可能性がある」「身分証の提示をおこなったのでキャンセルは出来ない」など脅したり理不尽な利用を付け、無理やり利用させようとします。

一番の予防法としては、甘い誘い文句しか言わないような業者の利用は避けると言う事です。
優良店は、手数料関係の説明もそうなのですが、メリット、デメリットの説明もしっかりおこないます。
もちろん、少しでも還元率や換金率の高い業者を利用したいと言う気持ちもわかるのですが、それよりも安心安全に利用出来る業者選びに重点を置く事をおすすめします。
 

接客態度を確認する


現金化サービスは客商売になります。
そのため、問い合わせ、申し込みに関わらず丁寧な接客をおこなう事は当たり前ですよね。

また、丁寧な接客は少なからず、その業者の信用度にも関わってきます。
現金化業者は多数存在しますが、適当な接客をおこなう業者より丁寧な接客をおこなう業者に自然と利用者は集まります。
そのため、接客態度は業者を評価する上で非常に重要なポイントになります。

優良店においては、親切、丁寧な接客をおこない、次も利用したいと好印象を持って頂く事が重要になります。
何故かと言うと、優良店の利用者の割合は「新規利用者=3割から4割、リピーター=6割から7割」となります。
現金化サービスはリピーターの方で成り立っていると言えますよね。

ただ、悪質店の場合、問い合わせに対しては適当な受け答えをし、申込者に対しては早く決済手続きをおこなうよう急かしてきます。
このような態度には理由があり、悪質店の利用者の割合は「新規利用者=9割から10割、リピーター=0割から1割」となります。
ほとんどが新規の利用者と言う事ですね。
と言うより、悪質なサービスを提供しているため、リピーターになる利用者は一切いません。
そのため、新規利用者のみに的を絞り、質問に対しては適当に対応し、とにかく利用させる事に全力を注いでいるのですね。

悪質店を利用した方は2回目以降も同じ業者を利用する事はありませんので、業者側としても質問に対する受け答えに誠実に応じる必要はないと考えているのでしょう。
問い合わせの方と申込者を比べたときに天と地ほどの差があります。

ですが、この点においては優良店、悪質店を簡単に見極める事が出来ます。
上記でも説明を致しましたが、要するに業者に対して些細な事でも構わないので質問をすれば良いのです。
そこで、明確に回答してもらえる業者は優良店、適当な回答をする業者は悪質店と判断して下さい。
 

必要書類を確認する


クレジットカードのショッピング枠を現金化する際の必要書類は身分証明証の一点になります。

キャッシュバック方式、買取方式の両方で共通する事は、利用者がご自身でカード決済をおこなうと言う点なので、業者にクレジットカードのコピーを渡したり、カード情報を教える必要はありません。
そのため、もし業者から必要書類の説明で身分証明証とクレジットカードの情報が必要になると言われた場合は、その業者の利用は控えるようにして下さい。

安易にカード情報を伝えてしまうと、業者側にクレジットカードを不正利用される可能性も考えられます。

既に現金化の知識をお持ちの方であれば、このような手口には引っかからないと思いますが、初めて現金化を利用される方は知識がありませんので、必要書類を疑う事までは考えないと思います。

現金化を利用された方で、後になってカードを不正に利用されたと言う話もよく聞きますので、この点に関しては十分気を付けて下さい。
 

業者の評判を調べる


現金化業者の選び方と口コミ評価の重要性」でも説明致しましたが、利用を考えている業者の評判を調べる事はとても重要です。
今では、ブログやQ&Aサイトを手軽に利用する事が出来るため、実際にその業者を使った事のある方が、情報や感想を記載している場合が多いです。
その情報を参考にすれば、利用を考えている業者がどのようなサービスを提供しているのか、事前に予想する事が出来ますよね。

ただ、業者側でステマ行為や自作自演をおこなっている場合もあります。
特に「2ちゃんねる」や「Q&Aサイト」でよく見かけますね。
今では、ステマ行為や自作自演は業者の集客窓口の一つとなっています。
文面も使いまわしが多いので、その内容のほとんどは、コピー、貼り付けで量産された中身の薄い文章になっています。
実際、良い評価の口コミや情報は、どの業者も少なからずステマ行為や自作自演をおこなっているため、簡単に調べる事が出来ます。
そのため、あまり参考になりません。

そこで、本当の意味での業者の評判をどのように調べれば良いのかと言う事なのですが、ここではあえて利用を考えている業者の悪い評判を調べて下さい。
客商売をおこなっている業者全てに共通して言える事なのですが、100人のお客様に全て面で100%満足してもらう事は限りなく不可能に近いです。
お客様それぞれ思考も考え方も異なるため、全ての面で100%満足してもらう事は常識で考えて不可能ですし、至らない点がある事は仕方ない事なのです。

ここで重要視する点は、悪い評価の中にも良い面が記載されているかどうかです。
例えばですが「接客態度は良かったけど入金まで時間が掛かった」「問い合わせの返事が遅かったけど申込んでから入金までは早かった」など、優良店と言われる業者は、悪い面があったとしても必ず良い面があります。
そのため、悪い評価だけが一方的に記載されると言う事はありえません。

この事を踏まえ、業者の評判を調べる際には、必ず悪い評価の中に良い評価があるのかを調べるようにして下さい。
 

優良店選びのまとめ


以上が現金化業者を選ぶ際の優良店の選び方となります。

もちろん他にも優良店を選ぶ際のポイントは多数存在するのですが、現金化初心者の方でも簡単に判断出来るポイントとしてはこれらの点になります。

クレジットカードの現金化サービスを提供していた業者が摘発された事件は「現金化業者の摘発事例」でも説明しましたが、その事件以降、悪質店はかなり少なくなりました。
ですが、逆を言えば、今もまだ悪質なサービスを提供している業者は存在していると言う事です。

現金化サービスを利用される方の多くは、即日で現金を工面したい方、消費者金融や銀行から借入を出来なかった方が多い傾向にあります。
また、その際に、少しでも高い還元率や換金率で現金化をしようと、ホームページ内に記載されているパーセンテージの高い業者に申込むケースが多く見受けられます。

ですが、還元率や換金率の高さのみで利用する業者を選んでしまうと、悪質店に引っかかる確率が非常に高くなりますし、後のトラブルに巻き込まれてしまう可能性も考えられます。

優良店とは、常識の範囲内で出来る限りのサービスを提供している業者の事を言います。
お金の絡むサービスを提供している多くの現金化業者の中から、安心して利用出来る優良店を探すためには、利用者側でもご自身の欲を多少抑える必要があります。

ご自身の中でしっかり自制心を働かせ、その上で、上記に記載した優良店選びのポイントを参考にしながら、安心して利用する事の出来る業者を見つけて下さい。