クレジットカード現金化でデビットカードは使えない?

現金化でデビットカードは使えない!

クレジットカード現金化でデビットカードが使えないって本当?

クレジットカードの中に特殊な機能を兼ね備えた「デビットカード」があるのをご存じでしょうか?

 

このデビットカードは審査なしで発行出来るクレジットカードで有名ですよね。

 

また、クレジットカードは「後払い(後日引落)型」を採用しているため、その月の締日まで利用した料金を翌月に支払う事となりますが、デビットカードの場合「即時決済(当日引落)型」となるため、利用した料金をその場で登録している銀行口座から即座に引き落とされる事になります。

 

日本ではクレジットカードが主流となっているのため、デビットカード自体の知名度はかなり低いのですが、世界的に見るとデビットカードは大変人気を得ているカードになります。

 

使い過ぎる心配がないと言う事が最大の魅力となり、初めて持つクレジットカードはデビットカードからと言われているくらいです。

 

ただ、現金化サービスにおいてデビットカードを利用する事は出来ません。

 

審査がないからと言ってデビットカードを発行し、現金化サービスを利用しようと考えても、業者に受け付けしてもらう事は出来ませんので注意して下さい。

 

そこで今回は、デビットカードとは一体どのようなカードなのか、なぜ現金化する事が出来ないのかを下記にて詳しく説明させて頂きます。

 

現金化の豆知識として是非ご覧頂ければと思います。

デビットカードとは?

デビットカードを一言で説明するなら「後払いの出来ないクレジットカード」ですね。

 

一般的なクレジットカードだと利用した料金の支払いは翌月(分割、ボーナス一括は除く)になりますが、デビットカードの場合はその場で銀行口座から引き落とされます。

 

要するに「クレジットカード=後払い」「デビットカード=当日支払い」となる訳ですね。

審査不要のクレジットカード

デビットカードは信用情報機関に滞納履歴など登録されている方でも問題なく発行する事が出来ます。

 

理由としては、デビットカードの決済枠はご自身の銀行口座の残高となるからです。

 

クレジットカードの場合、発行するための審査を受け、決済枠をカード会社の方に決められると思いますが、デビットカードの場合、登録した銀行口座から利用する度に即時引き落としとなるため、カード会社が一時的に利用料金の建て替えをする必要がありません。

 

そのため、審査をする必要がないと言う事ですね。

即時決済型とは?

即時決済型とは、その場ですぐに口座から引き落としになる決済方式です。

 

利用する度にリアルタイムで現金が引き落とされるため、口座の中に残高が残っていないと急に利用出来なくなる恐れがありますが、逆に言えば使い過ぎる心配がありません。

 

自分の預金残高がそのまま決済枠の上限になりますので無茶な利用も出来ませんよね。

 

クレジットカードの場合、後払い決済になるため、資金繰りに困った際にはご自身の限界を超えた範囲で利用してしまう可能性も考えられます。

 

そうなってしまうと、後から請求の来る利用料金を滞納してしまうケースも考えられるのですが、デビットカードの場合、その点は安心と言えます。

使える場所は?

デビットカードの使い方に関しては、一般的なクレジットカードと違いありません。

 

JCBやVISAなどのマークがあるお店では普通に利用する事が出来ます。

 

また、ネット通販でも問題なく利用する事が出来ます。

 

デビットカードにはクレジットカードと同様にカード番号、裏面のセキュリティ番号が記載されています。

 

そのため、クレジットカードと何も変わらずに利用する事が出来ますので安心して下さい。

 

ただ、一部の高速道路やガソリンスタンドでは利用出来ないケースが確認されているので、よく車を運転される方でデビットカードの利用を考えている方は、多少の現金は用意しておく事をおすすめします。

なぜ現金化で使えないの?

これらの事からお分かり頂ける通り、デビットカードは即時決済(当日引落)型のクレジットカードになります。

 

クレジットカードの現金化サービスは、ショッピング枠を現金に換金する事を目的としています。

 

デビットカードのように「決済枠=銀行口座の残高」になってしまうと、現金化した所でご自身の銀行口座にある預金を現金化する事になるので無意味と言えます。

 

正確に伝えると無意味ではなくマイナスになってしまいますね。

 

例として、デビットカードで10万円を現金化するとします。

 

その場合、換金率80%で考えると、業者から入金される金額は8万円となります。

 

と言う事は、銀行口座に入っていた10万円が8万円になって戻って来ると言う事になります。

 

2万円マイナスになっている事が分かりますよね?

 

デビットカードにはクレジットカードのようなキャッシング枠、ショッピング枠が存在しませんし、「後払い(後日引落)型」でもありません。

 

そのため、現金化には適さないクレジットカードなのです。

デビットカードはクレジットカードとは違う

デビットカードとクレジットカードの違いを説明させて頂きましたが、ご理解頂けましたでしょうか?

 

現金化サービスには適さないデビットカードですが、使い方次第ではとても便利に利用する事が出来ます。

 

今ではCMでもデビットカードが紹介されているくらいなので、今後さらに需要の高まる可能性が十分考えられるカードと言えます。

 

理想としては、普段の生活費をデビットカードでやり繰りし、その他をクレジットカードで支払う堅実的な利用方法ですかね?

 

年会費も必要なく誰でも簡単に発行する事が出来ますので、もし興味のある方は一枚発行しても良いかも知れません。