クレジットカード現金化ではどのカードを使ったらいい?

  • 2017.09.01
  • カテゴリ:クレジットカード現金化の基礎知識(27件)
  • 現金化する時にオススメのクレジットカードを比較してみた。

    クレジットカードをまだ持ってない方はそれぞれのカードのメリット・デメリットを良く把握した上で実際にカードを申し込むのが良いといえるでしょう。

     

    まず、JCBオリジナルシリーズはご存知の方も多いかもしれません。
    日本におけるクレジットカードの中では定番のカードとして有名です。
    いわば、ステータスカードとしての役割も担っています。
    紛失や盗難などの被害に遭遇した時のサポート体制も充実しています。

     

    JCBオリジナルシリーズの強みは、ネットショッピングモールを経由した時の買い物などで使用すれば、通常の2倍から5倍ほどのポイントが付与されることも期待できる点が挙げられます。
    ゴールドカードやブラックカードなどへと使い方によってはランクアップすることができるのも魅力です。

     

    何といってもJCBといえば、世界でも指折りの信頼の高さを誇っていますので、ビジネスシーンやデートシーンなどどんなシチュエーションで出しても恥ずかしくありません。
    むしろ、所有していることが自慢にもなります。補償も手厚くなっており、魅力的です。
    特筆すべきは最高3000万円の旅行保険です。初めて訪れる海外でも安心して使うことができます。

     

    ▶気になる優良現金化業者のランキングはこちらです。

     

    アメリカンエキスプレスカードもステータスという面においては、申し分ありません。
    日本国内にも既に多く出回っており、多くの人が使っています。
    独特のグリーンカラーがトレードマークにもなっています。

     

    アメリカンエキスプレスカードを持つことで、国内のJCBブランドを使える店舗であれば、基本的に全ての店舗で使うことが可能です。
    また、初年度年会費無料というのも嬉しいポイントといえるのではないでしょうか。
    次年度からは1万2千円ほどがかかります。
    年会費が気になる方については、とりあえず1年間持ってみるというのも良いかもしれません。

     

    アメリカンエキスプレスカードは、空港ラウンジにおけるさまざまなサービスを受けることができますので、飛行機を多く使う人にとってはなくてはならないカードと言えます。
    旅行保険も最大で5000万円と申し分ありません。

     

    審査基準が緩やかとして人気を得ているのが、ACマスターカードです。
    主婦や学生、派遣社員などでもカードを作ることができるとして広く親しまれています。
    30分でできるという審査も人気に拍車をかけているといえるでしょう。

     

    現在では、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが発行しています。
    他のクレジットカードよりも審査基準が甘いということもあり、話題を集めることになりました。
    とにかくカードが欲しいという人にはピッタリのカードです。

     

    また、ACマスターカードの利点は年会費や発行手数料がかからないという点です。
    加えて、カードフェイスにはアコムという名前も入りませんので、人前に出すのも恥ずかしくありません。

     

    ネット時代を迎えた中、ネットでの買い物を楽しむという人も増えています。
    そんな人にお勧めなのが楽天カードです。
    楽天サイトで買い物をする人はもちろんのこと、それ以外の買い物にもポイントが使えるとして支持を大きく集めています。
    年会費無料に加えて、還元率も1.0%と高くなっています。キャンペーン中には、ポイントの10倍サービスなども行うなど、ネットユーザーにとっては大きなメリットがあります。

     

    楽天Edyは、既に全国で38万店舗以上で利用することができるカードです。
    スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで小銭を出すことなく買い物ができるとして利用者が増え続けています。
    楽天カードから楽天Edyにチャージすることで、ポイントが付与されるという恩恵を受けることもできます。

     

    クレジットカードについては、その使い方や使う場面によって使い分けることも必要かもしれません。賢く利用することが求められます。

     

    ▶クレジットカード現金化業者現在のNo.1はどこ?