クレジットカード現金化する業者を決める前に必ずサービスを比較しよう

現金化する業者を決める前に必ずサービスを比較しよう

クレジットカード現金化業者を決める前にサービスを比較すること

クレジットカード現金化をおこなう際に、皆さんはどのように業者を選んでいますか?

 

色々なサイトの口コミから情報を収集される方、実際に問い合わせをしてそのまま利用される方など様々な選び方があると思いますが、業者ごとにサービス内容が異なっている事を知っていますか?

 

少しでも高い還元率で現金化をする場合、少なくとも3社程度は比較しないとサービス面において損をする場合があるんですね。

 

当然、現金化される方の多くは、少しでも多く現金を得たいはずなので、10万円を超える金額を現金化する場合、1%や2%の還元率の差が大きく影響します。

 

現金化サービスを最大限に活用するためにも、各業者の還元率を含むサービス面の比較を行う事が大切ですね。

 

以下で比較すべき部分を説明していくのでぜひ参考にしてみて下さいね。



また「優良店の選び方」を合わせてご覧頂けますと悪質な業者を利用してしまうリスクを回避する事が出来ますよ。

還元率を比較する

まず、一番外すことが出来ないのが還元率ですが、業者によってバラつきがあるので、必ず比較するようにしてくださいね。

現金化業界の還元率の相場は70%から85%前後になります。

 

また、現金化する金額に応じて、10万円未満は70%~75%、10万円から30万円は75%~80%、30万円以上は80%~85%がおおよその相場になります。

 

 

これはあくまで目安になりますので、利用する業者の還元率がどれいくらかはしっかりと確認をするようにして下さいね。

HP上に記載されている還元率は信じない

各業者のHPには還元率が掲載されている事が多いですが、殆どがお客さんを釣る目的で好条件の還元率を記載しているからです。

 

なので、実際には何かしらの手数料が発生したり、特定の条件を満たさなければHPに記載されている還元率では換金できない事があるんですね。

 

正確な還元率を比較するためには、直接業者に「現金化したい金額」と「その場合の還元率」を確認しましょう。

 

メール、電話どちらでも問い合わせできますが、還元率を尋ねたからと言って必ず業者を利用する必要はありません。

 

利用を促されても他社と比較する旨を伝えれば問題ありませんし、メールなどの場合は無視することもできますね。

 

まずは焦らずに少しでも高い還元率の業者を見つけるようにしましょう。

手数料関係の有無を比較する

前述したように業者によっては、還元率以外にも別に手数料が差し引かれる場合があるんですね。

 

業者側もビジネスをしているので、自分たちの利益をしっかりと確保しなければいけません。

ただ、クレームを出したくないという心理もあるため、全く記載をしないということはなく、利用規約の中などに手数料に関する詳細を記載している事が多いですね。

利用規約を細かく確認する

実際、利用規約は流し読みされるか、全く読まれないことも多いので、そういった習性を利用してくる場合もあります。

 

利用規約を見ていないと利用者側の責任となるので、異議を唱えても聞き入れられない事が多くあります。

 

そのため、手数料に関してはしっかりと調べるか直接業者に問い合わせて、手数料が引かれない業者を選ぶ事が大切ですね。

言い切らない場合は利用しない

手数料などが発生する業者の場合は、こちらから手数料に関する質問をしても言い切るような事はしません。

 

何故なら、実際は手数料がかかるのに手数料はないと言ってしまうと詐欺扱いになる事を分かっているんですね。

 

なので、明確な回答を得られない業者は手数料や何かしらの費用が別途発生する可能性が高いので、そういった業者は避けて明確な回答をくれる業者を比較するようにしましょう。

15時以降の振込み対応

一昔前までは、15時以降の振込みは全て翌日扱いになっていましたが、インターネットバンクが浸透したおかげで、同行内の振込であれば15時以降でも当日反映がされるようになりましたね。

 

多くの現金化業者は、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行の利用者に対して即日入金を行っている場合が多いのですが、中には15時以降の振込みに対応していない業者もあります。

 

振込に関しては、各業者の還元率表などに記載されている事が多いので、急ぎで振込が必要な場合は、即日入金が可能かを必ず確認するようにして下さいね。

土日祝日の対応が可能か比較する

よく業者のHPに24時間年中無休などの記載がされていますね。

急ぎで対応をしてほしい利用者にとってはありがたいことですが、実際はメールの受信自体が24時間可能であって、常に人がいるわけではありません。

 

当然、土日祝日は休みだったりするのですが、少しでも申込者を増やすために分かりにくい記載をしている場合があります。

 

もしどうしても土日などの対応をしてほしいという場合には、電話対応が土日も可能なのかをチェックすることが大切ですね。

 

以上の項目を最低3社と比較して、自分の望むサービスを提供してくれる業者を見つけ出しましょう。