クレジットカード現金化したらリボルビング払いには注意!

クレジットカード現金化したらリボルビング払いには注意!

クレジットカード現金化の返済方法について

クレジットカードのショッピング枠の現金化を利用される方というのは、基本的に慢性的に資金繰りに困っている方がほとんどでしょう。

 

したがって、返済方法も一見返済が楽に見える「リボルビング払い」を選択される方が多いと思います。

 

知っているかもしれませんが、リボルビング払いには罠がありますので注意して欲しいです。

クレジットカード現金化の返済は一括返済がベター

リボルビング払いというのは、月々の返済額は少なくて済みますが、手数料を請求されたり、非常に高い利率を適用されたりと、返済総額で見てみると非常に損する返済方法ですよね。

 

たまたま、必要なときに手元に現金がなくクレジットカードのショッピング枠を使われるのであれば、一括返済にしておくのがベストです。

 

余計な利息や手数料がかかりませんので、最も返済を少なくできる選択ですよね。

 

一括返済が不可能であれば、せめて数回の分割払いにしておきましょう。

 

そもそもクレジットカードのショッピング枠の現金化の換金率は100%であれば問題ないですが、それはあり得ないので利用した時点で手数料も掛かってますよね。

 

これ以上の支出を少しでも減らすためには、一括返済がいいのです。

リボルビング払いは返済額が増えるので注意する

リボルビング払いというのは毎月一定の金額を、しかも少ない金額で返済していく方法ですので、借金をしているという感覚が薄れてしまいます。

 

そしてさらに借金を続けていくことにもつながりかねません。

 

いつしか借金地獄で首が回らなくならないように、できるだけリボルビング払いはやめて、計画的な返済を心がけるようにしましょう。

 

また、リボルビング払いは返済回数が多くなりますので、支払い利息が非常に高くなりがちです。

 

一見消費者のためにある制度だと思われがちですが、実はクレジットカード会社側が儲かる方法であるということを意識していれば簡単には利用しなくなるのではないでしょうか。

リボルビング払いは最終手段として利用すべし

しかしながら大抵の方は、資金繰りに困って、最後の手段としてショッピング枠の現金化に手を利用するのかと思います。

 

そうなるとリボルビング払いもやむなしということになるかもしれませんね。

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化が最後の手段であるように、リボルビング払いというのも最後の手段であるべきです。

 

ただでさえ苦しい資金繰りがさらに悪化してしまいますので、負のスパイラルから抜け出すことができなくなります。

クレジットカード現金化する前に返済計画を考える

実際に私はリボルビング払いでクレジットカード現金化をしたことがありますが、手にした現金の倍額くらいの返済義務をおってしまったことがあります。

 

返したくても資金がなくてどうしようもなくリボルビング払いにするのであれば仕方ありませんが、一時的に現金が必要であっただけで、後々容易に返済できるのであれば、あえてリボルビング払いにはしない方が良いでしょう。

 

一括返済して、他から借りたほうが利息は少なくて済むのですから。

 

リボルビング払いにはくれぐれも気をつけてくださいね。