クレジットカード現金化の悪徳業者に騙されないために

クレジットカード現金化の悪徳業者に騙されないために

悪徳業者にご用心!

クレジットカードの現金化は審査が無く、クレジットカードさえあれば誰でも利用できます。

その手軽さがウリの一つですが、それ故に悪徳業者がはびこりやすいという側面もあります。

 

悪徳業者に引っかかるとどんな事が起こるかは想像に難くないですね。

 

実際にお金に困っている人が利用するサービスということで、利用者は焦りから冷静な判断ができなくなっているケースも多いです。

そこを悪徳業者は狙っているのです。

 

ただ、このサービス自体は必要とされていて、失業などで一時的にお金がない人やどうしても現金が必要な人には大変ありがたいサービスです。

 

なので、悪徳業者を避けてうまく利用したいですよね。

誇大な宣伝の罠とは

現金化業者の多くはインターネット上にHPを作成し、そこで集客をしていますが、このページを見ただけでは取引の詳細はわかりません。

 

なので、その業者が悪徳かどうかもわからないということですね。

 

例えばHPに記載される情報として利用者にとって大事な換金率があります。

換金率というのはカードで決済した金額の何%が現金化されるのかという利率です。

 

この数字は高ければ高いほど良いのですが、悪徳業者はこれをかなり高めに書いています。

利用者は換金率だけで選ぶと悪徳業者に申込みをしてしまいますが、実際にはそこから様々な手数料が引かれ、当初謳われていた換金率とはかけ離れた金額になってしまうこともあります。

業者に直接連絡することの重要性

なので、一番大切な事はHPを見たら直接業者に問い合わせの連絡をするということです。

実際に申し込みから振込までの流れであったり、換金率の通り振り込まれるのか、他に手数料が発生するのかなどは気になる項目だと思います。

 

こういった点ができるだけ細かく質問をするのがベストです。

中には「質問ばかりで申し訳ない」と思う人もいるかもしれませんが、こうした質問に答えてくれるかどうかも大きなポイントなんですね。

 

細かい質問への対応が良くないということは、支払いが遅いとかトラブルが起きた時の対処も適当といった事が懸念されます。

 

そういった業者は避ける方がいいので、ぜひ事前に問い合わせるという事を忘れないように注意してくださいね。

悪徳業者の手口

悪徳な業者は上記のような質問に答えなかったり、逆におかしな誘導をかけてクレジットカードの現金化ではなく、闇金など高金利な金貸しを勧める場合もあります。

 

他にも謳われている高い換金率には一定の条件が設けられていて、それを満たさなければ他の業者よりも低い換金率になってしまう事もあります。

 

また、換金率は謳われている通りでも「決済手数料」などの名目で手数料を差し引き、振り込む金額を少なくする場合もあります。

 

振り込まれてから金額が少ない事に気づくことは避けたいですね。

 

まずは他のサイトの口コミやレビューを確認すること、そして直接問い合わせをして自分の判断で良し悪しを見分ける事が大切ということですね。

 

損をしないためにも、サービスを利用する際には実践してみて下さい。