クレジットカード現金化の個人情報の入力時に注意する事は?

クレジットカード現金化の個人情報の入力時に注意する事は?

あなたはクレジットカード現金化をする際に個人情報の保護に関して対策をしていますか?

 

当然のことながらクレジットカード現金化サービスを利用するにはインターネット上で申し込みをして、カード情報などの個人情報を入力することになります。

 

最近はインターネットの普及によってオンライン上で購入できるサービスや商品が増えた為、サイト上での個人情報の入力も当たり前になっていますね。

注意しなければいけないのは個人情報のやりとりが簡素化される一方、大切な情報があっさりと漏洩するケースが増えているという事です。

個人情報をしっかり守る

様々な事件が取り沙汰されているように、クレジットカードの現金化サービスも他のオンラインサービスも関係なく、どこから個人情報が漏洩するかわからない時代ということですね。

 

なので、私たちはこれまで以上に個人情報の管理にはシビアになる必要があります。

 

それにも関わらず、多くの人が個人情報の詰まったクレジットカードを大量に所持していますね。

実際、カード決済はとても便利で現金を持ち歩かなくても買い物ができますし、ショッピング枠を利用して現金化することもできます。

 

だからこそ、利用する業者はしっかりと選ばなくてはいけません。

適切な業者を選んでいるか?

クレジットカードの現金化サービスを利用する場合は、個人情報を提供する必要があるので特に注意しなければいけませんね。

 

世の中には優良な業者もいれば悪徳な業者もいるので、誤って悪徳業者に個人情報を提供してしまえば、その情報が売買されたり、詐欺や犯罪に利用されることもあります。

セキュリティ対策はされているか?

業者を選ぶ際の指標の1つとしてSSL証明書を導入しているか?

というものがあります。

 

カード情報など個人情報を入力する画面で、上部のURLが表示されているところに鍵のマーク(基本的に緑色)が付いているか?ということです。

 

もう少し細かく言うと、SSL証明書を導入していれば大切な情報を暗号化して、安全に通信することができます。

 

業者が自主的にこういったセキュリティ対策を導入しているかはとても重要ですね。

会社の実態は明記されているか?

その他にも会社概要や運営者情報を見て、特定商取引法に基づいた記載がされているか?

というものがあります。

 

これはインターネットを利用した販売形態には販売者の情報(法人名、運営者、住所、電話番号or連絡先などの情報)を記載しなければいけないという法律があります。

 

なので、法律を遵守した運営をしているかというのも重要な指標になりますね。

サイトを運営してどれくらいか?

少し変わった指標ですが、ドメインの古さ(サイトの運用歴)をチェックするという方法もあります。

違法な商売をしている業者はすぐに摘発されてサイトが潰れてしまいます。

逆にサイトの歴史が長いということは老舗業者なので安全度も高まるということです。

 

ドメインがどれくらいの期間使われているかはSEOチェキなどの無料ツールで確認をすることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

あとは多くの人が利用しているかもしれませんが、口コミに頼るのも一つの方法です。

口コミが多ければ利用者も多いので信頼度も高まりますね。

 

現代は個人情報を何気なく入力する習慣ができてしまっていますが、大切な情報が悪用されないためにも個人情報の入力には十分注意して下さいね。