クレジットカード現金化でトラブルに合わないためには?

クレジットカード現金化でトラブルに合わないためには?

現金化でトラブルに合わないために…

クレジットカード現金化業者の中には悪質な業者も少なくありません。

多くの人が体験しているトラブルやその対処法について調べてみたので、ぜひ参考にしてくださいね。

オンライン上でのトラブル

まずインターネットを利用した無店舗型業者で最も多いトラブルは、業者から指定された商品を購入しても、約束のキャッシュバック金額が振込まれないというケースです。

 

この方式は先にクレジットカードでの決済し、後から現金が振り込まれる流れなので、騙された場合はクレジットカードの支払いだけが残ってしまいますね。

 

また、商品自体は価値が低い物であったり、それさえも届かない場合があるので利用者が損をするだけになってしまいます。

詐欺への対処方法

こういった詐欺の対処方法としては、事前に利用する業者の評判を調べることと、店舗型業者を利用するという2点になります。

都市部に住んでいる方であれば、安全性の高い店舗型業者を利用することがオススメですね。

店舗があれば何かあった際に警察にも対応をしてもらいやすくなります。

 

地方に住んでいる方は店舗が少ない事から、どうしてもインターネットで取引が多くなってしまいがちです。

その場合はしっかりと業者の口コミなどを確認すると安心できますね。

 

悪い噂というのはすぐに広まるので、無店舗型現金化業者は悪質な業者ばかりというイメージがつきがちですが、優良な業者は実はたくさんいるんです。

業者の評判などをまとめたサイトなど有益な情報もたくさん公開されていますので、初めて利用する場合は必ず調べてくださいね。

クレジットカード情報を盗まれる

次に多いトラブルが、クレジットカードの番号を聞かれるというケースです。

これは店舗型、無店舗型両方でありえることなので注意してくださいね。

 

基本的にどのような商品を購入するにしてもインターネット上、もしくは店舗であれば機械を使うことで決済は可能であり、わざわざ番号を聞く必要はありません。

 

なので、わざわざカード情報を聞いてくる業者は、カード情報を不正利用することを考えている可能性があります。

情報を教えてしまうと身に覚えのない請求をされる場合があるので、カード情報は教えないように気をつけてくださいね。

特に店舗の場合はクレジットカードを一度渡すことになるので、店の奥に持っていくなどしようとする場合はカード番号を控えられている可能性があります。

カード情報を盗まれないために

大切なカード情報を盗まれないためにも、店舗型の現金化業者を利用する場合は自分で商品を購入し、それを持込んで買い取ってもらう方式の業者を利用するのがオススメです。

 

中には業者の店舗の中で商品を購入し、それをその場で買い取るという方式もありますが、その場合は商品を購入する段階でカードを預ける事になります。

その時にカード情報を盗まれる可能性があるので、商品を別の場所で買って持ち込めばカードを渡す必要はなくなります。

 

このような手間を省くためにも、先に業者の評価などを確認しておくことは大切ですね。

 

現金化をする場合は安全な業者を利用して、詐欺被害に遭わないよう細心の注意を払うことが大切です。