高換金率でクレジットカード現金化する方法まとめ

高換金率で現金化する方法を詳細解説します。

ネットオークションを使ってクレジットカード現金化する方法

友人に手伝ってもらう

高い換金率でクレジットカード現金化するためにはどうしたらいいのでしょうか?

ショッピング枠の現金化の方法は他にもあります。上手く現金化するための方法を詳しく簡潔に解説します。

 

通常、インターネットオークションは見知らぬ人と売買を行う媒体ですね。

ただ、親しい友人に強力を頼むことで現金化をするための媒体に早変わりすることを知っていますか?

 

例えば、友人にヤフーオークション等のオークションサイトで何らかの商品を出品してもらいます。

その金額を現金化したい金額に設定をしておけば、商品はどんなものでも大丈夫です。

 

それを自分が落札して、クレジットカードで決済をすると支払った金額が友人の元に入金されますね。

友人からお金を受け取る

それを引き出して受け取れば、サイト側の手数料などが引かれはするものの、設定した金額をほぼそのまま受け取ることができます。

そのお金を友人から現金で受け取れば現金化完了となります。

 

もし友人が現金を渡してくれなければ、自分が損をするだけなので、信頼できる人にお願いするのが大切ですね。

 

この方法は詐欺に合う可能性も低いですし、換金率も高いのでお薦めです。

注意するとすればオークションサイトで販売する商品が第三者に落札されないように、他の人が欲しがらないような物を販売するといいですね。

スマートフォンやゲーム機、ゲームソフトを使ってクレジットカード現金化する方法

新作を転売する

新しいゲーム機の本体や人気ゲームソフト、スマートフォンの新作が発売される場合、発売日の前日から行列ができるくらい、購入希望者が殺到しますね。

 

それをクレジットカードで購入して、すぐに売却をすれば現金を手に入れることができます。

 

なぜこれらの商品を選ぶかというと、人気が高いものはすぐに売り切れてしまい、買いたくても買えない人が多く出てしまいますよね。

 

なので、転売された商品でもほしいという人がいるので、買った値段と同等か少し安いくらいの値段でも販売をすることができ、損が少なくなります。

 

もちろん、そのためには発売前から並ぶなどの苦労も必要ですが、うまくプレミアがつけば逆に買った時よりも高額で売ることができます。

新作転売の注意点

この方法は新作が発売されて、初期在庫が完売してから次が補充されるくらいのわずかの間が勝負になります。

 

もし、在庫が補充されてしまうと転売で購入される確率が下がりますし、値段もかなり安くしなければ売れない可能性があります。

 

カード決済で大量に買い込んだとしても、在庫が残ってしまっては赤字になってしまい、現金化どころかお金がマイナスになります。

 

なので、できるだけ早いうちに売り切る事を忘れないようにして下さいね。

チケットを使ってクレジットカード現金化する方法

プロ野球チケットやコンサートチケットの転売

次の方法は実際には違法行為にあたるので、あまりお薦めはできませんが、他の方法より確実性が高いので一応紹介しておきます。

 

プロ野球の人気カードの観戦チケットや人気歌手、アイドルのコンサートチケットは定価よりも高く売ることができるんですね。

 

なぜなら、高いお金を出してでも入手したいというコアなファンがいるからです。

 

もちろんチケットの入手自体も難しいのですが、入手ができればほぼ確実に現金化できる上に、定価より多少高くしても販売することができます。

 

単純に現金化のことだけを考えるなら定価で販売してあげるだけで100%の換金率になるので、あまり欲を出しすぎないように注意して下さいね。

 

また、捕まる可能性もあるので、あくまで方法の一つとして紹介していますが、助長しているわけではありませんので、やる場合は自己判断で行ってくださいね。

裏技的な現金化の方法

クレジットカードを使った現金化の方法は、上記に挙げたもの以外にもいくつか裏技的な要素の方法もあります。

 

上記の方法以外を試したい場合には、ぜひ参考にしてみて下さいね。

クーリングオフを使ってクレジットカード現金化する方法

一度購入した商品を返却するとその分のお金が返ってきますが、このクーリングオフ制度を利用した現金化の方法があるんですね。

 

まずはクレジットカードで商品を購入し、その商品を返品することで現金でお金を返金してもらうのですが、いくつか注意をしなければいけない事もあります。

クーリングオフの注意点

それは返品依頼をかけるタイミングです。

商品を購入した当日に返品をしようとすると、カード決済を取り消すだけで現金は返ってきません。

 

決済をしたデータがクレジットカード会社に送られた後に返品依頼をしなければいけないのですが、それには購入日から1日、2日待たなければいけないんですね。

 

また、この方法を使うには返品をする理由も必要で、基本的には見本とは色が違ったとか実際の商品がイメージしていたものと違った等の言い訳を考えておかなければいけません。

電子マネーを使ってクレジットカード現金化する方法

最近は電子マネーによる支払いが一般化してきていますが、電子マネーを利用した現金化の方法があります。

 

それはクレジットカードを使って電子マネーをチャージし、電子マネーで商品を購入します。

そしてその商品を転売、或いは返品して現金化するという方法です。

 

前述した通り、転売は商品の人気やプレミアがつくかなどで売値が変わりますが、大体50%〜80%程度の換金率になりますし、返品であればお金が全額返ってきますね。

 

電子マネーを直接現金化する業者は現在ほぼないので、手間と時間はかかりますが転売や返品をするしかありません。

 

ただ、直接クレジットカードで購入した商品を売却、返品するよりもチャージをするという名目でカード決済をしているのでカード会社から利用停止にされるリスクは減らせますね。

電子マネーの注意点

注意しなければいけない点として、店舗によっては返品した商品代金を電子マネーで返金する場合があります。

これでは現金化できないので注意しなければいけませんね。

 

また、電子マネーをチャージする際もコンビニなどではクレジットカードが利用できないので、カード決済でチャージができるお店も探さなければいけません。

Amazonギフト券を使ってクレジットカード現金化する方法

Amazonギフト券を使った現金化方法もあり、これはデパートの商品券や金券の現金化とほぼ同じです。

 

クレジットカードを使ってAmazonギフト券を購入し、それを金券ショップやオークションサイト、Amazon専門のギフト券買取サイトで売却することで現金を得ることができるんですね。

 

最近では、Amazon専門のギフト券買取業者も増えてきているので、転売がしやすくなってきています。

 

他にもAmazonで直接商品を購入して、それを転売する方法もありますが、ギフト券の方が比較的簡単に現金化できるのでお薦めですね。

メルカリを使ってクレジットカード現金化する方法

最近注目を集めているフリーマケットアプリのメルカリを利用した現金化方法もあります。

 

それにはクレジットカードを使ってメルカリのポイントを購入し、そのポイントを使ってメルカリ内で商品を購入し、それを転売するという方法です。

 

これも転売しなければいけないので時間はかかりますが、メルカリ自体は商品も豊富なので、もしかするとプレミアがつく商品を購入することで買値以上の価格で売ることもできるかもしれませんね。

 

このように現金化の方法はたくさんあるので、ぜひ一番やりやすいと思う方法で現金化をしてみてくださいね。