アマゾンギフト券の現金化のやり方は?

アマゾンギフト券の買取は新しい現金化

アマゾンギフト券の現金化とは?

検索エンジンで「クレジットカード現金化」と検索すると、アマゾンギフト券の買取サイトが一緒に表示されると思います。

関連性のないサイトにも関わらず、何故、一緒に表示されるのか不思議ですよね?

実は、アマゾンギフト券の買取サービスは新しい現金化の形でもあるのです。

2009年から2013年まではキャッシュバック方式の現金化、買取方式の現金化が主流でしたが、2014年頃からアマゾンギフト券での現金化が急速に広がりを見せ、今現在ではキャッシュバック方式、買取方式に並ぶ新たな現金化手法として注目を集めています。

アマゾンギフト券とは、大手通販サイト「アマゾン」で利用出来るギフト券なのですが、アマゾン自体がテレビCMやネット広告で露出を増やしているため、そのアマゾン内で利用出来るアマゾンギフト券はかなりの需要があります。

世界的に見てもアマゾンは有名ですから、ネットを利用する方なら誰でも知っていますよね。

そのアマゾンで利用する事の出来るギフト券での現金化が今現在もっとも人気のある手段になります。

そこで、実際、どのような流れでアマゾンギフト券を現金化するのか、また、アマゾンギフト券とはどのようなものなのかを下記にて詳しく説明しますので、興味のある方は是非一度ご覧頂ければと思います。

アマゾンギフト券の種類


アマゾンギフト券は数あるギフト券の中でも種類が豊富な事で有名ですね。

また、現金化する際は、その種類によって換金率も大きく変わってきます。

そのため、どの種類が一番高い換金率で現金化出来るのか把握しておく必要があります。

下記にて、アマゾンギフト券の種類、また、どの種類のギフト券が一番高く現金化出来るのか説明致しますので是非参考にして下さい。

Eメールタイプ


アマゾンの公式サイトや一部のオンラインショップで購入する事の出来るEメールタイプですが、店頭では販売していないので注意して下さい。

一般的にはプレゼントとして利用される場合が多いですね。

アマゾンは日本一品数の多い通販サイトのため、金額の大小に関わらず欲しい商品を見つけやすいメリットがあります。

ギフトカタログの場合、指定金額に対しての購入商品が限定されるデメリットがありますが、アマゾンギフト券のEメールタイプなら、購入商品を指定金額の中から幅広く選ぶ事が出来るためプレゼントには最適と言えますね。

間違いなくギフトカタログより利便性は優れていると言えます。

ただ、Eメールタイプを購入する場合、クレジット決済しか対応していないので、その点が唯一のデメリットと言えます。

カードタイプ


全国のコンビニに設置されている電子マネーコーナーで手軽に購入出来るのがこのカードタイプになります。

こちらは現金で購入する事が出来るためクレジットカードを持っていない方でも問題ありません。

電子書籍や動画のダウンロードで少額課金をする方に向いていると言えます。

数百円単位を銀行引落やクレジットカードで支払いたくないと言う方は、予めご自身のアマゾンアカウントにカードタイプで購入したギフト券金額を登録し、その金額から利用代金が引かれるように設定している場合が多いですね。

また、ご自身のアカウントに登録してあるギフト券金額は、1円単位でも残高が残っていれば自動的に支払い時の会計に適応されるため、使い切れないと言う事はありません。

そのため、登録したギフト券金額が余ってしまう事は考えなくて良いため安心ですね。

シートタイプ


このシートタイプはカードタイプと同じ扱いなのですが、購入方法に若干の違いがあります。

カードタイプの場合、コンビニの電子マネーコーナーから購入する事が出来ますが、このシートタイプはコンビニに設置されているマルチメディア端末より購入する事となります。

万が一、出向いたコンビニに電子マネーコーナーが無かった場合、このマルチメディア端末からアマゾンギフト券を購入して下さい。

マルチメディア端末を操作してアマゾンギフト券を購入する場合、会計シートが発行されますので、発行後30分以内にレジにて精算するようにしましょう。

時間を過ぎてしまうと、発行された会計シートが無効となってしまうので注意して下さい。

チャージタイプ


アマゾンギフト券のチャージタイプはEメールタイプと似ている部分が多いのですが、異なる点としてはギフト券番号を登録する必要がない事です。

上記で紹介した3タイプは、それぞれ発行されたギフト券番号をご自身のアマゾンアカウントに登録する必要があるのですが、チャージタイプはアカウントの残高として直接チャージされるため、ギフト券番号を登録する必要はありません。

メリットとしては面倒な手間を省けると言う事なのですが、チャージタイプは完全に自分自身で利用するために購入する事となるため、プレゼントとしては一切利用出来ません。

また、直接アカウントにチャージされるため、複数のアカウントを利用している場合は注意が必要です。

そのため、アマゾンを頻繁に利用しているような上級者向けのギフト券タイプと言えます。

換金率の一番高いアマゾンギフト券とは?


多数のアマゾンギフト券買取サイトに目を通しましたが、一番高く換金出来るのはEメールタイプになります。

カードタイプやシートタイプの場合、Eメールタイプと比べた際に平均2%~3%程換金率が低くなる傾向が見受けられました。

そのため、現金化でアマゾンギフト券の買取を依頼する場合はEメールタイプを利用するようにしましょう。

もし、諸事情によりカードタイプやシートタイプを現金化する場合、Eメールタイプより換金率が低くなる事を覚えておいて下さい。

アマゾンギフト券の使い方


上記で説明した通りアマゾンギフト券には様々な種類があります。

しかも、普段からアマゾンを利用している方にとっては、現金以上に便利に利用出来るシーンも数多く存在しますよね。

アカウントにギフト券での金額を登録しておけば、自然とその残高から代金が差し引かれるため、決済がとても楽になります。

ただ、アマゾン初心者の方には少しハードルが高いかも知れません。

そこで、大まかですがアマゾンギフト券の利用方法を紹介したいと思いますので参考にして頂ければと思います。

ネットショッピングで利用する


こちらは一番オーソドックスな利用方法ですね。

アマゾンで何かしらの商品を購入する際に利用する方法です。

アカウントにギフト券の金額を登録する事で、決済時にその残高が優先的に反映されます。

もちろん1円単位からとなりますので、アカウントに登録されていた残高が数円単位で残ってしまう事はありません。

使い切る事が出来ますので、損する事なく手軽に利用出来ます。

ダウンロード商品の購入で利用する


ダウンロード商品の購入をメインに利用している方も多いですね。

アマゾンユーザーの中には、ネット通販専用のアカウント、ダウンロード専用のアカウントに分けている方も多くいらっしゃいます。

電子書籍の購入やアマゾンビデオを利用している方に多いですね。

ネット通販では銀行引落かクレジット決済を利用し、電子書籍やアマゾンビデオではギフト券を利用すると言った使い分けをしている方は非常に多いです。

決済手法が別となるため管理しやすいですし、ギフト券を利用する場合、残高がなくなれば決済自体が出来なくなるので使い過ぎる心配もないので安心ですね。

プレゼントで利用する


今までは贈り物としてギフトカタログをプレゼントする事が多かったと思いますが、今後はアマゾンギフト券を贈り物として利用しても良いかと思います。

アマゾンギフト券もギフトカタログと同じで相手に送る金額を選べますし、品数もギフトカタログよりアマゾンの方が圧倒的に多いです。

そのため、相手の方も欲しいものを見つけやすいメリットがあります。

ギフトカタログの場合、プレゼントで貰った以上、そこまで欲しい商品ではないにしても何かしら購入するのが礼儀でしたが、アマゾンギフト券の場合、ご自身のアカウントに登録してしまえば、好きなものに利用する事が出来ます。

使い方の幅広さでは間違いなくアマゾンギフト券が優れているので、相手に何を送って良いのか分からないときはアマゾンギフト券が活躍すると思います。

アマゾンギフト券を現金化する流れ


キャッシュバック方式や買取方式のような現金化手法に比べ、アマゾンギフト券での現金化は、手続き自体にあまり時間が掛からないメリットがあります。

多数のアマゾンギフト券買取サイトを見比べた結果、流れとしては下記のようになっています。

【ステップ.1】
申込者は現金化したい金額分のギフト券番号を業者送る

【ステップ.2】
業者側でギフト券番号の有効性を確認する

【ステップ.3】
ギフト券番号の有効性の確認が出来たら業者の方から指定した口座に現金が振込まれる

このようにたった3ステップで現金化が完了します。

おそらく平均30分以内には現金化が完了するのではないでしょうか。

簡単、手軽に素早く利用出来るため、他の手法よりも魅力を感じてしまいますよね。

アマゾンギフト券を購入してもカード会社に疑われない


現金化をする方にとってはこちらが最大のメリットかも知れません。

そもそも、アマゾンから直接アマゾンギフト券(Eメールタイプ)を購入する場合、クレジットカードでの決済しか選ぶ事は出来ません。

そのため、カード会社では、クレジットカードを現金化目的で利用していると疑う事は出来ないのです。

アマゾン内での決済方法がクレジットカードしかないにも関わらず、カード会社の方で一方的にクレジットカードを利用停止には出来ないと言う事ですね。

新幹線の回数券などの購入は、現金化目的とすぐにバレてしまいますが、アマゾンギフト券は一般的にも需要があるため、現金化目的以外でも購入する機会があります。

その点を踏まえると、アマゾンギフト券の購入は安全であると言えますね。

以上がアマゾンギフト券の説明とアマゾンギフト券を利用した現金化の流れになります。

お分かり頂けたでしょうか?

自分自身で使うにしても現金化するにしても大変便利に利用出来るのがこのアマゾンギフト券となります。

今後さらに需要が伸びる可能性も考えられるため今のうちに使い方を覚えておく事も一つですよ。