クレジットカード現金化の還元率の仕組み

還元率の仕組み

現金化において、申込み金額に対する還元率は非常に重要な要素となります。

クレジットカードを現金化するからには、少しでも高い還元率の業者を利用したいですよね。

ですが、数字だけ求めすぎると後から後悔してしまう可能性もあります。

特に、95%や98%のような高還元率を記載している業者には注意が必要です。

現金化と言っても、ビジネスとして成り立っている以上、業者側も利益を求めています。

普通に考えれば、95%や98%のような高還元率で現金化サービスを提供してしまうと、利益が出ないどころか完全な赤字となります。

では、一体どのような形で業者は利益を上げているのか、還元率の仕組みについて詳しく説明したいと思います。

還元率とは?


現金化における還元率とは、申込み金額に対して現金をキャッシュバックする際のパーセンテージの事を言います。

例えば、100,000円での現金化に対し還元率が80%となっていた場合、100,000円に対して80%=80,000円がキャッシュバックされる仕組みとなります。

100,000円の80%ですから80,000円が手元に戻って来る計算となりますよね。

計算式で表すと「申込み金額(100,000円)×還元率(80%)=振込金額(80,000円)」のようになります。

還元率とは、どの位の比率でキャッシュバックされるのか判断するための目安と考えて下さい。

還元率はキャッシュバック方式の現金化


現金化業者は「キャッシュバック方式」と「買取方式」の2種類に分かれます。

キャッシュバック方式での現金化の場合、利用者側で業者の指定するネットショップから申込み金額に近い何かしらの商品を購入し、その購入の特典として現金をキャッシュバックしてもらう仕組みとなり、買取方式での現金化の場合、業者の指定する商品を購入した後、その商品を業者に買取ってもらい、買取代金を受け取る流れとなります。

業者のホームページには「還元率」「買取率」「換金率」のようなパーセンテージ表が記載されていますが、「還元率=キャッシュバック方式の現金化業者」「買取率、換金率=買取方式の現金化業者」と覚えておいて下さい。

上記でも説明した通り、キャッシュバック方式での現金化の場合、商品を購入してもらった特典として、購入代金の一部を還元しますと言う意味合いなので還元率と表しています。

また、買取方式での現金化の場合、商品を業者に買取ってもらうため買取率と表している場合もあれば、商品を売って現金に換金すると言う意味で換金率と表す場合もあります。

少し複雑ですが、「還元率」と表記している業者は基本的にキャッシュバック方式で現金化をおこなっていると覚えておきましょう。

なぜキャッシュバック方式の現金化業者は高還元率なのか?


キャッシュバック方式で現金化サービスを提供している業者のホームページでよく見かける「最短5分で即日振込。還元率98%をお約束。」「最高還元率98.4%!」のような文面ですが、なぜこのような高還元率を設定出来るのか疑問に感じる方も多いと思います。

そもそも、このような高還元率で現金化サービスを提供してしまえば、完全に赤字となります。

例)100,000円を現金化した場合
100,000円(申込み金額)×98%(還元率)=98,000円(振込金額)

業者側には、少なくとも家賃、人件費、サイト維持費、その他雑費が必要になります。

それら費用の事を考えると、このような高還元率でのサービス提供は現実味がありません。

それにも関わらず、なぜ、このような現実味のない数字を記載しているのかと言うと、そこには業者側の意図が隠されています。

還元率と手数料の関係


高還元率を記載している業者の特徴として、後から手数料を差し引く傾向が見受けられます。

様々な種類の手数料が存在するのですが、まず、現金化においてどのような手数料が存在するのか理解しましょう。

現金化に必要な手数料一覧


① 振込手数料
利用者に現金を振込む際に必要な手数料になります。
この振込手数料に関しては業者側で負担する場合も多いですね。

② 商品発送費用
キャッシュバック方式の場合、業者の指定するネットショップから商品を購入する事になります。
そのため、購入した商品を実際に受け取る必要があるため、その際に掛かる発送手数料になります。

③ 決済手数料
カード会社に支払う手数料になります。
目安としては、カード決済をおこなう金額に対して5%~8%が必要になります。

④ 消費税
購入商品に対する消費税8%になります。
ほとんどの業者が商品の金額を税抜きで表記しているため注意が必要です。

⑤ 事務手数料
現金化手続きをおこなう際に必要な業者に支払う手数料になります。

⑥ 審査費用
クレジットカード現金化サービスを利用出来るか審査をおこなってもらうために必要な費用になります。

不要な手数料が存在する


上記で説明致しました手数料一覧ですが、①~④の名目であればまだ理解する事が出来ます。

また、⑤の名目であっても設定されている還元率が高ければ引かれても仕方ないと言えます。

ですが、⑥の名目に関してはまったく理解出来ません。

クレジットカードの現金化サービスは、クレジットカードを持っている方なら誰でも利用する事が出来ます。

それ以前に、クレジットカードを発行する際にカード会社から審査を受けていますよね。

そのため、現金化サービスにおいて、審査をおこなう必要はありません。

要するに、現金化業者は、手数料関係を差し引く事で利益を上げていると言えます。

高還元率はありえない


これらの事からお分かり頂けると思いますが、ホームページに高還元率を記載していても、結局、そのような高還元率でサービスを提供していないと言う事です。

還元率98%などの数字は全て手数料関係を差し引いていないパーセンテージとなり、実際に利用すると80%前後まで還元率が下がる場合がほとんどです。

ホームページの数字を信用してしまうと後から後悔する事にもなり兼ねませんので、初めから手数料関係が引かれるものだと考えるようにしましょう。