クレジットカード現金化にはどんな方法がある?

クレジットカードを現金化する方法まとめ

クレジットカードを利用する多くの方は、ショッピング枠をメインに利用する方とキャッシング枠をメインに利用する方に分かれますよね。

ショッピング枠を多く利用する方は、ショッピング代や飲食代をその場でカード決済し、現金を少しでも多く手元に残しておきたいと言う考えだと思いますが、キャッシング枠を多く利用する方は、資金繰り関係の現金調達をメインに考えています。

クレジットカードの仕組み上、ショッピング枠の上限は比較的増額しやすい傾向にありますが、キャッシング枠の増額はなかなか難しいと言うのが現実です。

この点においては、カード会社に対しての実績から判断されるため、ショッピング枠に関しては、利用後の返済を滞納する事なく、しっかりおこなっていれば増額しやすくなるのですが、キャッシング枠に関しては、2010年に施行された「総量規制」の影響により、年収の3分の1までしか設定する事が出来ません。

また、増額する場合は収入証明証が関らず必要になるため、キャッシング枠を簡単に増額する事は出来ないと言えます。
 

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
 総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査(※)します。

なお、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)
※個人顧客は新たに貸金業者を利用する場合、貸金業者が指定信用情報機関に照会し、ご自身の情報を調査すること等について同意を求められます。
 

貸金業法についてより一部引用

クレジットカードを現金化する方法まとめ

そこで、今回ご紹介させて頂く「クレジットカードを現金化する方法まとめ」ですが、キャッシング枠を使い切ってしまい、資金繰り困っている方には朗報となります。

以下よりご紹介する内容の全てに共通する点としては、使っていないショッピング枠をどのように現金化すれば良いのかと言う事です。

現金化についての詳しいサービス内容は「クレジットカード現金化の概要」をご覧下さい。

一部のユーザーから絶大な人気を得ているクレジットカード現金化サービスですが、その方法は個人でおこなうものから業者を利用するものまで様々です。

実際に、どのような現金化方法があるのか具体的にまとめましたので、参考までに是非一度ご覧下さい。

電化製品で現金化する


電化製品で現金化する場合は、ネットオークションを利用して人気電化製品を売るケースと、ゲーム機、ゲームソフトを店舗で売るケースの2パターンに分かれるかと思います。

型落ちしていない電化製品や発売されたばかりのゲームソフトは購入金額の約8割で買取ってもらえる事もありますが、あくまで人気商品に限ります。

特にゲームソフトは、発売されたばかりの商品であっても、店頭での買取価格が購入金額の5割から6割など低く設定されているのもよく見かけます。

需要のある商品や人気のある商品は高く買取ってもらう事が出来ますが、例え発売されたばかりの商品でも、人気がなければ初めから買取価格は低いと言う事ですね。

もちろん電化製品にも同じ事が言えます。

何の調査もする事なく、適当に購入した商品を売ろうと安易に考えている方は、結果的に大損してしまう可能性もありますので、どの商品が人気なのか、電化製品の場合はネットオークションの出品相場を確認したり、ゲーム関係は店舗の買取価格表を見て確認するようにしましょう。

ブランド品を現金化する

ブランド品は質屋で買取ってもらう事が出来るので、近場に質屋があると言う方は試しても良いかも知れません。

おすらく既にブランド品を売って資金繰りしている方もいるかと思います。

代表的な現金化手法の一つなので、抵抗なく手続きをおこなえる点は大きなメリットになりますね。

ただ、ブランド次第で買取ってもらえる価格が変わるので注意が必要です。

世間的にハイブランドと認識されているブランドでも、買取価格が大幅に下がるケースもよくあります。

買取価格の安定しているブランドはロレックス、ルイヴィトンですかね?

それでも買取相場は購入額の7割が目安かと思います。

逆にプラダやグッチは買取価格が非常に低くなっているため、もしプラダやグッチの10万円で購入したバッグを売ろうとしても、買取価格は購入金額の3割から5割程度に値落ちする場合がほとんどです。

質屋は買取商品を店頭で販売する事で利益を上げているため、買取価格と販売価格の差額がそのまま質屋の売り上げになります。

そのため、すぐに売れる人気商品は買取価格も高く設定されますが、あまり人気のない商品は買取価格もその分低く設定されます。

ブランド品を売って現金化する場合は、目利きと商品の情報収集は必須になるため、知識のない方がおこなうと損をしてしまう事も考えられます。

もし、ブランド品で現金化しようと考えている方は、その点を十分注意するようにして下さい。

新幹線の回数券を現金化する

この方法は一番おこなってはいけない方法なので覚えておくようにしましょう。

2009年から2012年頃に掛けて流行った現金化手法なのですが、今現在で新幹線のチケットを現金化目的で購入してしまうとクレジットカード自体が利用停止になる可能性があります。

カード会社は利用規約の中で現金化を禁止しています。

そのため、ショッピング枠を現金化する目的で購入したと見られる商品を事前に確認、ピックアップし監視ているのです。

普段ショッピング枠を利用しない方が、急に何万円分も新幹線の回数券を購入すると不自然ですよね?

そうなると、カード会社は「不自然な商品の購入=現金化目的」と判断し、強制的にクレジットカードの利用を停止する処置を取ります。

一度くらいであれば多めに見てもらえる場合もありますが(言い分け次第)、間違いなく目を付けられてしまい、購入履歴は随時チェックされるでしょう。

これらの事から、新幹線の回数券で現金化しても何も良い事はありません。

絶対に手を出さないようにしましょう。

金券を現金化する

金券類は非常に換金率が高く魅力的な商品なのですが、こちらも、新幹線の回数券と同じでクレジットカード自体が利用停止になるリスクがあります。

先程も、カード会社の方でショッピング枠を現金化する目的で購入したと見られる商品を事前に確認、ピックアップし監視ていると説明しましたがまったく同じ事が言えます。

換金性の高い商品を急に購入する不自然な動きは現金化と疑われてしまうのです。

金券を現金化する場合は、クレジットカードの利用で貯まったポイントを金券に交換し、その金券をチケットショップで換金するのが一番ベストだと言えます。

クレジットカードの利用が停止になるリスクを犯してまで、無理やり現金化する事はオススメ出来ません。

こちらの方法も下手に手を出さないようにしましょう。

現金化業者を利用する

店舗型の現金化業者からオンライン現金化業者まで幅広いスタイルの業者が存在していますが、クレジットカードのショピング枠を現金化する方法の中では一番手堅いと言えますね。

店舗型現金化業者とオンライン現金化業者の違いは「店舗型現金化業者と無店舗型現金化業者」からご確認下さい。

業者の指定するサイトで何かしらの商品を購入する事で、その商品購入に対するキャッシュバック特典として現金を受け取る事が出来る場合と、業者から指定された商品を購入し、そのまま業者にその商品を買取ってもらう場合の2パターンに分かれます。

詳しくは「現金化の違法性」で説明しているため、今回は省かせて頂きます。

業者を利用するメリットは「手間が掛からない」「カードが利用停止になるリスクがない」と言う点です。

簡単な手続きのみで即日現金を手元に用意する事が出来るため、急いでいる方には最適ですね。

また、業者を通じて現金化をおこなうため、カード会社に目を付けられることがありません。

現金化業者の多くは、カード会社が現金化に対してどのような動き、処置を取るのか把握しています。

そのため、不自然な流れにならないよう細心の注意を払いながら手続きをおこなうため、クレジットカードが利用停止になるリスクを最小限に抑える事が出来ます。

リスクと手間暇を考えたときに、一番便利に利用出来るのはやはり業者を利用する事だと思います。

新幹線の回数券と金券には注意する

クレジットカードを現金化する方法を何パターンか紹介しましたが、新幹線の回数券と金券での現金化は絶対に手を出さないようにして下さい。

現金化するにしても、やはり安全な方法でおこなうのが一番です。

個人で現金化する場合は、電化製品を売ったりブランド品を売ったりなど手間は掛かりますが、無難な方法かと思います。

ただ、時間や手間暇、利用に対するリスク回避を考えるのであれば業者にお願いするべきだと思います。

カード会社の方でも現金化行為に対しては非常に敏感になっていますので、現金化サービスを利用する場合は、リスク回避を必ず考えるようにして下さい。