クレジットカード現金化業者に関わる法律も知っておこう

クレジットカード現金化業者に関わる法律も知っておこう

クレジットカード現金化は違法か合法か?

クレジットカード現金化を賢く利用するには、法律や制度をよく知り、優良な業者を選ぶことが大切です。

 

現金化を利用する際、法律の問題を気にされた人もいるかもしれません。実際に調べられた方はご存知かと思いますが、各サイトによって合法か違法か書かれている事が異なるんですよね。

 

弁護士によると、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は一般的な買い物に属するため、違法性を問うのは難しいという意見もありますね。

ネット上で錯綜する情報

ですが、多くの場合こうした情報はインターネット上で収集するしかなく、その情報が様々あると混乱してしまいます。

 

合法で優良な業者を利用したいと思っていても、業者を間違えると気づかないうちに法を犯してしまい裁かれるのではないか?と心配になる人もいます。

古物商とは?

多くの人は古物商という言葉を聞いたことがあると思います。

古物商とは、他人の所有物を買い取って転売することで利益を得る業態を言いますが、実は警視庁からの許可が必要なんですね。

 

古本の売買をしているブックオフなどがその代表で、金券を買い取って転売する全国の金券ショップや中古ゲームを扱うお店もすべて古物商です。

買い取り方式のクレジットカード現金化業者も、利用者がカード決済で購入したものを買い取って転売しているので古物商という扱いになります。

古物商に関わる法律

ネット上で古物の取引を行う場合はHP上に許可証に記載されている登録番号を表示する必要があり、店舗の場合は店舗内の見えるところに古物商プレートを掲示しなくてはなりません。

もしも、このプレートが店舗内にない業者は、許可受けてない悪質業者である可能性があるので注意をしてくださいね。

 

法律で指定されているにも関わらずプレートを掲示していないのは、古物商法に則った営業をしてないために許可が取得できなかったケースもあります。

 

また、最近はネットの普及により無店舗で運営する業者が増えているため、キャッシュバック方式で現金化する業者も増えています。

買い取り方式とキャッシュバック方式

一昔前は買い取り方式と言って、業者が指定する商品を利用者がカード決済で買い、業者がそれを買い取ることで現金化される方法が一般的だったんですね。

この場合、業者は買い取った商品を専門業者に売ることで利益を得ます。

 

キャッシュバック方式はこれと違い、業者がCD-ROMなど本来は価値の高くない商品に高額キャッシュバックの特典を付けて販売し、利用者にそれを購入するよう指示を出します。

実際にカードで決済されると商品は利用者の元に届き、さらにキャッシュバックという名目で利用者に現金が振り込まれます。

この場合、業者は商品を買い取らないため、古物商法は適用されないんですね。

 

このようにクレジットカード現金化に関する法律が分かってくると、業者の運営形態から悪質かどうかを判断することができるようになります。

 

基本的に古物商法ははクレジットカード現金化業者に適用されるので、取引する業者を間違えたとしても利用者が裁かれる事はないと考えて大丈夫です。