クレジットカードのショッピング枠現金化とは?

ショッピング枠現金化とは?

クレジットカードのショッピング枠現金化

キャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」の2種類の機能が備わっている事を知っていますか?

 

キャッシング枠は、コンビニのATMなどから現金を引き出す事が出来る機能で「カード会社からお金を借りる」と言う使い方です。

 

ショッピング枠は、買い物や飲食代金の支払いを一度カード会社に立て替えてもらい、後から利用した分の代金をカード会社に支払う「後払い」と言う使い方を言うんですね。

ショッピング枠を利用していないことに着目

クレジットカードからお金を借りる場合、一般的にはキャッシング枠を利用しますが、その上限金額はショッピング枠より低く設定されている事が多く、キャッシング枠をすぐに使い切ってしまう人も少なくありません。

 

ただ、キャッシングを頻繁に利用する人は、ショッピング枠を利用していない事が多いので、ショッピング枠を現金化できるととても便利ですよね。

 

そこで、ショッピング枠の現金化がどのようなサービスかを詳しく説明していきます。

オンラインで簡単手続きできる

スマートフォンやiPhoneの普及によって、ほぼ全ての業者がインターネットを使ったオンラインの手続きに対応しています。

 

ガラケーが主体だった頃からオンライン業者は6〜7割と多くいましたが、現在では9割近くに増えています。

 

オンラインだとどこからでも申し込みができる上に、書面などのやり取りを省く事が出来るため、時間を短縮して現金化する事が出来ますね。

必要な書類とは?

ショッピング枠の現金化サービスを利用する際に必要になる書類は「身分証明書」です。

 

現金化業者は、盗難などによる不正なカードの利用を防止するために、初回の利用者に対し身分証明書の提示を求めるんですね。

 

とはいえ、携帯電話で身分証を撮影して送るだけなので手続き自体は簡単ですが、、これを疎かにしている業者は悪質な可能性があるので注意しなければいけません。

身分証明書の種類

現金化する際に利用出来る身分証明書は以下のようなものがあります。

 

(1) 旅券(パスポート)

(2) 免許証等

(3) 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証

(4) 国民年金手帳

(5) 年金手帳

 

免許証の提示が一般的ですが、免許を持っていないと場合には、業者に確認の上、上記に記載したような証明書でも対応してもらえます。

 

身分証の確認は初回利用者限定なので、一度確認をすれば次回以降は提示を求められません。

最短5分の即日入金される

インターネットバンクが増えた事で、現金化の手続き完了から入金まで最短5分で振り込まれるケースも増えていますね。

 

ただ、この最短5分と言うのは、あくまで混み合っていない場合なので、基本的には15分から1時間くらい見ておいた方が良いかも知れません。

 

対応が良い業者であれば、急いでいる事を相談すると優先的に対応してもらえる可能性もあるので、緊急の場合は窓口の方に相談してみましょう。

 

また、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行等は同じ銀行間の振込であれば24時間、土日祝日を問わずに対応できるので、これらの口座を持っている場合は、積極的に利用するのがいいですね。

ショッピング枠現金化の利用する前に

ショッピング枠の現金化は資金繰りの最終手段なので、出来ればキャッシング枠のみで資金繰りを行うのが理想ですが、どうしてもという場合にはお薦めのサービスです。

 

ですが、支払い能力に合わせて適度に利用することは忘れないようにして、

安全な利用を心掛けましょう。